銀行フリーローン比較ガイド
低金利のフリーローンを利用しよう!!
フリーローンは使用する目的が指定されていないタイプのローンで非常に融通がきくお金として、主にサラリーマンなどに人気があります。

種類によってや金融業者によってはサラリーマンのみならず、主婦や自営業者、学生にまで貸付を行ってくれるところもあり、非常に便利に使うことができます。しかし、フリーローンの今までの弱点と言えば高金利ということがありました。

無担保で借りれるので有る意味当たり前のことかもしれませんが、非常に金利が厳しくて、特に近年騒がれたグレーゾーンの金利が適用された商品などは一度手を出すと火の車になってしまうような印象すらありました。 https://52.76.194.177/

しかしさすがにそのような状況は変わりつつあり、低金利の商品が続々と出てきています。特に審査が比較的厳しい銀行系のフリーローンは金利が低く設定されており、消費者金融のものを利用するよりも格段に安く済ませることができます。特に金利の安いものはネット銀行のカードローンなどがあります。idn live

借りる金額によりますが、最安のところで年間三パーセントという低金利で貸し出してくれるのです。返済方法も銀行のフリーローンなら開設した口座から自動的に引き落としですし、返し忘れの心配もありません。slot gacor

おすすめのフリーローン
私がお勧めするフリーローンは無利息キャンペーンが適用されるものです。
無利息キャンペーンを実施しているローン会社はプロミスとレイクが存在しており、両者ともに三十日間は借り入れ全額を無利息の状態におくことができます。oxplay

レイクの場合は選択できるシステムになっていて、他に5万円まで180日間無利息と言うものを選ぶこともできます。これは非常に借り入れ側としてはうれしいことですね。

一ヶ月間あれば大抵の場合、給料などお金が入る機会があります。よほど高額でなければ利息を一切かけずに前借してお金を使えるようになるのと同じで、ピンチのときには非常に心強いサービスになるでしょう。

しかしこれらは一度だけのサービスで初回限定と言う特典であります。つまり、二回目以降は利息がかかってしまうので、奥の手としてとっておくべきでしょう。もう一社無利息サービスを行っているのがノーローンという会社です。 https://52.76.194.177/brand/slot88
こちらは何度でも一週間利息なしというサービスを展開していて、頻繁に消費者金融を利用して、多少であれば利息も払うけど、できれば少しでも抑えたいな…と言う人に人気の商品です。
もちろん給料日直前ならば無利息期間に返すのを前提にした使い方もありでしょう。slot88

フリーローンの違い
それぞれのフリーローンの違いで注目すべきポイントはどこでしょうか?

まず第一に金利があげられます。最近は下限金利は競争によってかなり低くなり、各社ともそれほど大きく違わないですが、上限金利に注目しましょう。

借り入れ金額が低い場合は一般的に上限金利になることが多いと思われます。

上限金利は金融機関によって10%前後から貸金業法の上限である18%までおよそ倍ぐらい違いますので、単純に利息が倍ぐらい変わってきます。

下限金利の差は1%とか2%ですが、上限金額の差は5%以上になってきます。借入予定額が少ない場合は、特にチェックしておきましょう。

もうひとつ、注意しておきたいのがATMの場所です。

借り入れ、返済はATMで利用することも多いと思いますが、金融機関によって利用できるATMが異なりますので、生活圏のなかに利用できるATMがあるかどうかもポイントです。

都市圏の場合は多くのコンビニで利用できるサービスを選べばほぼ問題ないかと思います。

条件の良い注目のフリーローンは?
私がお勧めするフリーローンは無利息キャンペーンが適用されるものです。

無利息キャンペーンを実施しているローン会社はプロミスとレイクが存在しており、両者ともに三十日間は借り入れ全額を無利息の状態におくことができます。

レイクの場合は選択できるシステムになっていて、他に5万円まで180日間無利息と言うものを選ぶこともできます。これは非常に借り入れ側としてはうれしいことですね。

一ヶ月間あれば大抵の場合、給料などお金が入る機会があります。よほど高額でなければ利息を一切かけずに前借してお金を使えるようになるのと同じで、ピンチのときには非常に心強いサービスになるでしょう。

しかしこれらは一度だけのサービスで初回限定と言う特典であります。つまり、二回目以降は利息がかかってしまうので、奥の手としてとっておくべきでしょう。

もう一社無利息サービスを行っているのがノーローンという会社です。

こちらは何度でも一週間利息なしというサービスを展開していて、頻繁に消費者金融を利用して、多少であれば利息も払うけど、できれば少しでも抑えたいな…と言う人に人気の商品です。

もちろん給料日直前ならば無利息期間に返すのを前提にした使い方もありでしょう。

フリーローンとは?
フリーローンとは、使用目的が決められていないローンのことです。

逆に、使用目的が決められているローンには、マイカーローンや住宅ローン、教育ローン等があります。取り扱っているのは、銀行やローン会社などで、使途が決まっているローンと同じです。

フリーローンの、最大のメリットは、住宅ローンやマイカーローンに比べて比較的、手続きが簡単なところです。

申込みも簡単で、融資の審査が早いことです。早いところでは、即日融資可能なところもあります。

また、その利便性から、携帯電話やスマホなどのインターネットでの申し込みが可能になっているところも増えました。

しかし、金利については、使途が限定されたローンより高めの設定になっている点が、デメリットと言えるでしょう。

金利は、一般に借入額が少ない程、高く設定されており、借入が多いほど低くなるしくみです。また、担保も有担保型と無担保型があり、有担保型の方が、金利が低くなります。

使途を問わず、気軽に借入れできるようになった反面、無計画に借り過ぎることにより返済が困難になるケースが増えてきました。

手軽に借入れできると言っても、自分の返済できる能力を知り、余裕を持った計画を立てることが大切です。

フリーローンの審査内容は?
仕事にも使っている車を壊してしまい修理費用が必要になった、友達に誘われて海外旅行に行くことになった、家電が急に壊れて買い換えが必要になったときに使い道を限定しないで借り入れできるフリーローンはいざという時に頼りになります。

担保なし、保証人なしで借り入れすることが出来るフリーローンですが審査内容はどうなっているのでしょうか?

まず重要視されるのが継続した安定収入がある職業というのが条件になります。

安定した収入ということで評価が高いのが公務員や大企業に勤める人です。

勤続年数は長ければ長いほど評価が高く10年を超える人になるとかなりの高評価になります。逆にアルバイトやパートだと評価が低くなる傾向にあります。

ただし、アルバイトやパートだからといって審査に絶対に通らないというわけではありません。限度額はかなり低くなりますが融資を受けることが出来るのでまずは審査を受けてみましょう。

次は住んでいる場所です。これは賃貸よりも持ち家の方が評価が高くなります。

ただし賃貸でも一つの場所に長く住み続けていると評価が高くなるようです。賃貸で居住年数が一年未満で頻繁に引っ越しをしていると評価が低くなります。

最後に他社からの借り入れの有無です。複数社から借り入れがあり、借入総額が年収の3分の1近くあるとかなり評価は低くなります。